iPhoneを使う2通りの方法を解説!

258月 - による webassist - 0 - 格安携帯乗り換え

月額料金の安さが魅力の格安携帯(格安SIM)。
今ではテレビCMでもお馴染みとなり、格安携帯に乗り換えたい方もおられるでしょう。

また、乗り換え先でスマホを使うならAndroidよりiPhoneを使いたいという方は多いですよね。

格安携帯(格安SIM)でもiPhoneは利用可能!

しかし、そもそも格安携帯でiPhoneが使えるのか?

と疑問に感じる方もおられますが、格安携帯(格安SIM)でもiPhoneは利用できます。
ただし、古いタイプは使えないケースがあります。

ということで今回は、格安携帯(格安SIM)でiPhoneを使う2通りの方法を詳しく解説いたします。

▶︎目次

1.格安携帯でもiPhoneは利用可能!

iPhoneといえば、今や幅広い層に支持され、そのシェア率はAndroid端末が30%に対し、iPhoneはそれのダブルスコア60%のシェア率を誇っています。

街中を見ても大抵の人はタイプの新旧はありますが、iPhoneを利用していますよね。

格安携帯でもiPhoneは利用可能!

そのため、格安携帯にMNP(携帯乗り換え)するときもiPhoneを利用したいという方が多いといいます。
その理由は、何といっても使いやすいこと、さらに高性能ということも大きいのではないでしょうか。

そこで、実際に格安携帯にMNPしたときiPhoneは使えるのか疑問をお持ちの方もおられますが、格安携帯(格安SIM)でもiPhoneは使えます。

たたじ、iPhoneの5c/5s以降に発売されたiPhone 6s/6s Plus/SE/7/7 Plus/8/8 Plus/Xといった機種が利用可能になり、5c/5sを含むそれ以前の機種は対応していません。

2.iPhoneを格安携帯で使うケースは2通り!乗り換え方法を解説

そこで、実際に格安携帯に乗り換えてどうすればiPhoneが使えるのかについては、以下の2通りのケースがあります。

  • 現在既にiPhoneを使っている
  • iPhoneを持っていない

単純にiPhoneを持っている・持っていない、という方の乗り換える方法をそれぞれご説明いたします。

ただし、前提としてiPhoneの5c/5s以降に発売された機種しか格安SIMに対応しないことは認識しておきましょう。

iPhoneを格安携帯で使うケースは2通り!

既にiPhoneを使っている場合

既に、ドコモ・au・ソフトバンクのiPhoneをお使いの方は、iPhoneの「SIMロック解除」が必須。

SIMロック解除とは、スマートフォンやタブレット端末で、特定の携帯電話会社のSIMカードしか対応しない「SIMロック」という制御を解除することを指します。

これは、ドコモ、au、ソフトバンクにSIMロック解除を依頼しなければなりません。
方法は、キャリアショップに出向くか、インターネットのそれぞれの「My ◯◯◯◯」でも手続きができます。

SIMロック解除なしで利用できるMVNO

しかし、ドコモ・au・ソフトバンクでは、SIMロック解除をしなくてもいい格安携帯(MVNO)があり、それぞれ以下の通りです。

◇ドコモ
まず、ドコモのiPhoneに関しては、大抵のMVNOはドコモ回線を借用しているので、そのままSIMロック解除せずに利用できます。
ただし、契約の際にドコモ回線以外のauやソフトバンクの回線を利用したい場合はSIMロック解除が必要です。

◇au
auのiPhoneをお使いの方は、以下の3事業者はSIMロック解除なしで利用可能。
・mineo(マイネオ)のAプラン
・UQモバイル
・FiiMoの(Aプラン)

◇ソフトバンク
ソフトバンクでは、以下の4事業者はSIMロック解除なしで利用可能。
・U-mobile
・b-mobile
・QT mobile
・LINEモバイル

以上のように、SIMロック解除しないで利用できる格安携帯(格安SIM)があり、利用すればSIMカードを入れ替えるだけで利用できるようになります。

ただし、契約の際はしっかり利用できるのかの確認は忘れずに行いましょう。

iPhoneを持っていない場合

iPhoneを持っていなければ、当然購入しなければなりませんよね。

そこで、SIMフリーのiPhoneを購入する場合、Apple Storeや家電量販店、ネット通販で新品のiPhoneを購入する方法と、中古のiPhoneを購入する方法の2通りあります。

新品で購入する場合は問題ないですが、中古品を購入する場合は絶対に「白ロム」と呼ばれる製品を選びましょう。

白ロムとは、SIMカードが抜かれた状態端末を指し、白ロム端末を購入して契約した格安SIMを挿し込むことで利用できるようになります。

中古のiPhoneを購入するときの一番の注意点は「赤ロム」と呼ばれる端末は絶対に購入しないこと。

赤ロムとは、携帯キャリアのロックがかけられた状態の端末を指し、購入して格安SIMを挿入しても利用できないので特に注意しておきましょう。

SIMカードとiPhoneをセットで購入できるMVNO

自身で購入するのが面倒という方は、SIMカードとiPhoneがセットで購入できる格安SIMがおすすめ。セットになっているので、商品到着後に設定を行うだけですでに利用できるようになります。

現在、セット購入できるMVNOは以下の通り。

  • Y!mobile
  • 楽天モバイル
  • UQモバイル
  • LINEモバイル
  • BIGLOBEモバイル
  • Fiimo

利用すればとても便利ですが、MVNOによって選べる機種が限定されるので、その点は認識しておきましょう。

3.まとめ

今やスマートフォンといえばiPhoneの時代。
もちろん、Android OSも様々な新機能が開発されているものの、人気の面ではiPhoneが高いのは現実です。

そこで、こちらも現在注目されている格安携帯(格安SIM)に乗り換えても、iPhone5c/5s以降のiPhoneであれば利用可能。

その際、既にiPhoneを使っている方は、格安携帯への乗り換えに合わせてSIMロック解除が必須となり、持っていなければSIMフリーiPhoneを購入する必要があります。

また、SIMカードとiPhoneをセット購入できる格安SIMもありますので、購入が面倒という方におすすめです。